カイテキオリゴでダイエット!

2015-11-13_173302

芸能人でも愛用者の多い、NO1の売り上げを誇るカイテキオリゴは既にお試しですか?便秘などに最適だと言う事から、幅広い年齢層の方に人気がある商品なんです。
腸内を整えるオリゴ糖がたっぷり含まれて効果絶大のカイテキオリゴは、
便秘の他にもダイエット効果が期待できるとして話題なんです。
なぜカイテキオリゴがダイエットに有効なのでしょうか?
その秘密に迫ってみたいと思います。

カイテキオリゴとダイエット

そもそもオリゴ糖は、少糖(ショウトウ)とも呼ばれる糖類です。
これ以上の分解が不可能な単糖同士が主に3個以上結びついて出来上がったのが少糖です。
では具体的なカイテキオリゴのダイエット法をご紹介します。

糖の代わりにする

オリゴ糖は砂糖の代わりになるため、コーヒーや紅茶などに入れて飲めばそれだけでダイエット効果があるのです。
お料理にも使えるので、キッチンに常備しておけば安心ですよ。
カイテキオリゴに含まれるオリゴ糖は北海道産のてんさいに含まれる“ラフィノース”などを原料に天然の材料を使っているので、カロリーが少ないのも魅力なんです。

便秘効果がダイエットになる

カイテキオリゴの1番のおススメポイントである便秘効果が知らず知らずのうちに、ダイエットにも良い影響を及ぼしているんです。
オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌のエサになって、体内に増やす働きを持っていてそれが便秘改善の手助けになっています。
便秘が解消されれば血流が良くなったり、冷え症が解消され新陳代謝が上がる事で、自然と痩せやすい体になってくれるのです。

ダイエット効果を上げるためには、カイテキオリゴばかりに頼らずに運動や食生活など他にも気を配る事も必要です。
あくまでもサポートである事は忘れないようにしましょう。

注意して欲しい事

カイテキオリゴをダイエットに用いる場合は注意点もあります。
それは“期間と量”です。
カイテキオリゴのダイエット効果は即効性のあるものではありません。
少し試してみて結果が出ないからと言ってすぐに使用を止めたら意味がありません。長い目で見て続ける事が大切です。

また、甘いものが元々大好きと言う方は、カイテキオリゴの甘さが物足りなく感じて量をたくさん入れてしまいがちです。
しかし大量に入れれば砂糖を入れても同じ事ですので注意して下さい。

カイテキオリゴを生活に取り入れて、体質改善を図って外側も内側もスッキリを目指してみませんか?

カテゴリー: オリゴ糖のこと | タグ: , | カイテキオリゴでダイエット! はコメントを受け付けていません。

オリゴ糖の種類と、それぞれの効果

origodi
オリゴ糖って、1種類だけではなく、いろいろ種類があるようですね。

そもそもオリゴ糖とは?

糖類は、化学式によって分類されると、糖類、少糖類、多糖類に3分類されます。
オリゴ糖は、その中の少糖類に含まれます。
少糖類には、二糖類(麦芽糖や蔗糖)、三糖類(マルトオリゴ糖)、四糖類などにわかれます。オリゴ糖でもいろいろ種類があるんですね。
販売されているオリゴ糖食品も幾つかあるので、その理由が分かります。

オリゴ糖の種類は?

オリゴ糖の種類と、それが含まれる食品をあげてみました。

ラフィノース:砂糖ダイコン(甜菜)
アラビノオリゴ糖:りんご
フラクトオリゴ糖:玉ねぎ、ゴボウ、ニンニク、アスパラガス
ガラクトオリゴ糖:牛乳
キシロオリゴ糖:トウモロコシ、竹の子
大豆オリゴ糖:大豆(納豆、豆腐など)
イソマルトオリゴ糖:味噌、醤油、はちみつ
ラクトスクロース(乳果オリゴ糖):サトウキビ
などです。

オリゴ糖の効果

オリゴ糖は、胃や小腸で吸収されにくく、大腸で善玉菌を増やし、
便秘を解消してくれます。
腸の中で善玉菌が増えると、腸の調子を整え、悪玉コレステロールが低下し
免疫力が上がると言われています。
では、オリゴ糖の種類によって何が違うのでしょうか?
オリゴ糖の中でも、難消化性といって消化しにくいものは、
フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ラクトスクロース、ラフィノースです。
オリゴ糖は 野菜や大豆に含まれているので、普段の食事に取り入れながら摂取することもできますが、効率的に摂るなら、市販の特定保健用食品を取り入れるのもいいかもしれませんね。
フラクトオリゴ糖は低カロリー甘味料として利用され、
キシロオリゴ糖は、ガムや歯磨き粉にも使用されています。
販売されているトクホの商品を購入して、コーヒーや紅茶、クッキー、パンなどに使用してもいいかもしれません。ただ、甘みが強くないため、甘くしようとして多く摂りすぎると、下痢や軟便が強くなることがあります。
その場合は、1日に数回に分けて少量ずつ摂るなどして、一度に多く摂らないことも大切です。

いかがですか?
オリゴ糖で健康になりたいですね。

カテゴリー: Uncategorized | オリゴ糖の種類と、それぞれの効果 はコメントを受け付けていません。

オリゴ糖で効果なしの場合の原因と対策

isomarujan

オリゴ糖は、善玉菌だけを増やし、腸内環境を改善してくれるという効果で有名です。

ですがオリゴ糖を飲んでも効果なしという場合もあります。

それにはいくつかの原因が考えられ、そもそもオリゴ糖による対策が的外れな便秘タイプの場合は、自分に合った対策をすることが大切です。

ですが、まずはオリゴ糖を効果的な方法で飲んでいるかを確認してみましょう。

というわけで、この記事ではオリゴ糖が効果なしだったときの対策方法をご紹介します。

オリゴ糖の効果的な選び方

オリゴ糖は、市販ではシロップタイプのものが売られていますね。

シロップタイプだと、砂糖などで薄められているのでオリゴ糖は多くても30パーセントです。
おもにイソマルトオリゴが使用されています。

イソマルトオリゴ糖の効果にもあるように、当然効果も表れにくくなりますから、100パーセントのオリゴ糖を購入して使いましょう。

砂糖などは悪玉菌の一種、カンジダ菌の餌になり腸を荒らす原因になるのでなるべく摂取しない方がいいので、そういう意味でも100パーセントパウダーを使った方がいいです。

砂糖を控えることで、糖化も防ぐことができ老化防止やアンチエイジングにもなります。

オリゴ糖の効果的な飲み方

オリゴ糖は、一度にたくさん飲むよりも、一日数回に分けて飲んだ方が効果が高いといわれています。

また、同じ時間、同じ分量で習慣的に飲んでいると、悪玉菌に耐性を付けられてしまうといわれています。

一度摂取量を減らして数日続けてみて、一気に量を増やすという飲み方をすると効果的だといわれています。

停滞期は好転反応で、悪玉菌の出すガスによっておならが出やすくなる場合がありますが、その時期を超えると腸内環境が良くなり便秘もガスも解消されるので続けていくと良いでしょう。

オリゴ糖は、紅茶やハーブティーなど飲み物の甘み付けとしてや、炊飯の際にご飯に入れて炊いたり、お砂糖の代わりにお料理に使ったり、いろいろ使い方があります。

効果的な一日の摂取目安量は、オリゴ糖の種類によっても違い、3g~10gまで様々です。

おなかの調子を見ながら、量を調節しましょう。

あまり摂りすぎるとおなかが緩くなるので、そうしたら量を減らす必要があります。

オリゴ糖が的外れな便秘タイプ

オリゴ糖が効かない場合、原因が腸内細菌以外にある場合があります。

多いのはねじれ腸、落下腸など腸の形自体に原因がある場合です。
ねじれ腸は、便秘症の人の8割に相当するといわrています。

ねじれ腸マッサージ、落下腸マッサージをネットで調べて実践すれば、おそらく速攻で治りますので試してみてください。

それから、自律神経がアンバランスで交感神経が緊張している場合も腸が動きにくくなりますので、リラックスして副交感神経が働くような対策をしましょう。

精油によるアロマテラピーやツボ押し、呼吸法、α波やヘミシンクなどのリラックスできるBGMがおすすめです。

あとは、便が固い場合は便意を我慢していないか、水分とマグネシウム不足になっていないかなども確認してみてください。

便意を我慢すると、腸壁から水分が吸われて便が固く出しづらくなってしまいます。

マグネシウムが不足すると、腸に水分を留められずに便が固くなるので水分と併せて不足していないかチェックしてみてください。

まれに、ビタミン剤を摂取するとマグネシウム不足になってしまうので便秘になりやすくなります。

ご自分の便秘タイプは、症状から調べられるチェックリストなどを公開しているサイトもありますので、活用してみるといいでしょう。
というわけですが、いかがでしたでしょうか?

オリゴ糖を効果的に活用して、便秘を解消しましょう!

カテゴリー: オリゴ糖のこと | オリゴ糖で効果なしの場合の原因と対策 はコメントを受け付けていません。

オリゴ糖と食物繊維の違いとは?

a0002_004094

オリゴ糖は、ほとんど消化吸収されずに大腸へ届き、善玉菌が好んで食べて増えることで腸内環境を改善する効果があります。

体に優しいため赤ちゃんや妊婦さんからお年寄りまで使えて、便秘解消に人気がありますね。

ところで、食物繊維も吸収されずに腸に届き整腸作用があるといわれていますが、両者の違いは何なのか気になりませんか?

というわけでこの記事ではオリゴ糖と食物繊維、両者の特徴と違いについて紹介します。

食物繊維は悪玉菌の出す毒素を排出させる

食物繊維は。悪玉菌の出す有害な毒素を吸着し杖排出させる作用があります。
また、便の嵩を増やして腸の蠕動運動を促し、スピーディーに毒素を排出する効果があります。

食物繊維は2種類ありますが、水溶性食物繊維は水に溶けるとゲル状になって水分を抱え込み、便を柔らかくしたり脂肪や重金属や毒素の吸収を抑えて排出させる効果があります。

腸にも刺激になりにくく、痙攣性便秘や腸が過敏な人にも安心して摂取できる食物繊維です。

主にプルーンなどの果物に多く含まれています。

また、海藻ややまいも、さといもなどのねばねば成分も水溶性食物繊維の一種です。

それに対し、不溶性食物繊維は水を吸って何倍にも膨らみ、便の嵩を増やしますが腸壁を傷つけやすいので、腸が敏感な人やけいれん性便秘の人は控える必要があります。

オリゴ糖は善玉菌によって悪玉菌を排除する

オリゴ糖は、善玉菌を増やすことによって悪玉菌そのものを減らす効果があります。

腸内には、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類の菌に大まかに分けられます。

悪玉菌が優勢の時は、日和見菌が悪玉菌の味方になり腸内環境悪化の悪循環になりますが、善玉菌が増えると乳酸菌などの生産する酸によって悪玉菌が住みづらい環境になり、腸内環境良好の良いスパイラルになります。

悪玉菌が減ることで、体内で発生する毒素が減り、肝臓の負担が減ったりイライラすることが少なくなります。

体臭や便臭、おなら臭など臭いが全体的に薄くなり、吹き出物もできにくくなります。

また、善玉菌によってビタミンとミネラルなどの営為王吸収能力が高まり、ダイエットや美容、健康に良い効果があります。

オリゴ糖と食物繊維の相乗効果

このように、どちらも整腸作用があり両方を摂取することで相乗効果が得られます。

ただし、どちらも摂りすぎるとお腹が緩くなり下痢になってしまう場合があるので注意しましょう。

また、オリゴ糖を摂り始めて間もなくは、効果がないように感じる停滞期やガスがたくさん出る好転反応の時期があります。

でもオリゴ糖を使い続けることで、やがては善玉菌が増え、これらの症状は解消されていくようです。

飲み方のポイントとしては、摂取する時間を毎日変えたり、量を少なめに飲む期間の後に、一気に増やして飲むと効果が出やすいようです。

というわけですが、いかがでしたでしょうか?
是非食物繊維とオリゴ糖の良さを活かして、腸内環境改善を目指しましょう!

カテゴリー: オリゴ糖のこと | タグ: , | オリゴ糖と食物繊維の違いとは? はコメントを受け付けていません。

オリゴ糖とはちみつ、どっちが体に良い?

hatimitu

オリゴ糖とはちみつ、どちらが健康や美容に効果的なのでしょうか?
オリゴ糖は吸収されずに善玉菌の餌になり、便秘解消に効果的なイメージが強いですね。
はちみつは栄養豊富で健康的なイメージがあります。
オリゴ糖とはちみつ、それぞれの特徴や効能をご紹介します。

オリゴ糖の美容効果

オリゴ糖は砂糖の半分くらいのカロリーです。

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やして便秘を改善し、毒素排出効果を高めてくれます。
体内毒素は脂肪にたまるので、痩せにくい体質の原因になってしまいますから、その点でもオリゴ糖はダイエットに最適な甘味料ということになりますね。

また、オリゴ糖によって善玉菌が増えると、腸でビタミンの合成量が増えたり、ミネラルやビタミンの吸収率が高まります。

ビタミンやミネラルがしっかり吸収されて活用されることで、糖質がエネルギーに変わりやすい体質になり、脂肪が減りやすくなります。

腸内環境が悪いという自覚がある場合は、はちみつよりもオリゴ糖がおすすめです。

腸内環境が良くなると、悪玉菌の出す毒素も少なくなるので美肌にも効果が見られます。

また、便秘の時はイライラしやすくなるといわれていますが、それも悪玉菌の出す毒素によるものです。

精神安定にも効果が期待できるので、ストレスによって美容や健康を損ねてしまうことも減ることでしょう。

はちみつの美容効果

はちみつにもオリゴ糖は微量含まれていますが、はちみつの半分はブドウ糖で、40パーセントは果糖だといわれています。

人は血糖値が低いときに空腹感を感じるので、お腹が空いたらはちみつをスプーン一杯ほど食べると空腹感が抑えられて間食や食べ過ぎを防げ手ダイエットに効果的だと思います。

また、脂肪燃焼や美肌に効果的なビタミン、ミネラル、酵素が豊富に含まれているのもはちみつの良いところです。

腸内環境改善を目指す場合はオリゴ糖のほうが機能的ですが、ビタミンミネラルなどの栄養素を補給できるという点でははちみつの方が優れています。

はちみつは、砂糖の三分の二くらいのカロリーで、オリゴ糖よりも少し高めですが、それほどの差はありませんね。

ブドウ糖は脳の重要なエネルギー源でもあるので、頭脳労働して疲れた時や、運動後のエネルギー補給には最適だと思います。

ミツバチから採れるはちみつやローヤルゼリーなどは、とても波動が高いともいわれているのでエネルギッシュに活動したいときなどはミツバチのパワーをもらうといいかもしれません。

オリゴ糖の注意点

オリゴ糖は、摂取しすぎるとお腹が緩くなり下痢になってしまうことがあるので注意しましょう。

また、腸内環境が悪く悪玉菌が優勢の場合だと、オリゴ糖を摂取し始めて間もなくはおならがたくさん出るそうなので、外出予定のある時には注意しましょう。

念のために、休日に飲んで様子を見てみたほうがいいと思います。

でも、このガスは好転反応のようなものなので、飲み続けるうちに善玉菌が優勢になるとガスも収まってきます。

また、オリゴ糖は確実に腸内環境を改善してくれるといわれていますが、便秘解消が目的でオリゴ糖を飲む場合は、オリゴ糖を過信しすぎないほうが良いでしょう。

なぜなら便秘の原因は、腸内細菌だけが原因ではないからです。

便秘の人で多いのが、ねじれ腸といって便が詰まりやすい腸の形状の人です。

この場合はねじれ腸マッサージがとても効果的なのでぜひ調べて試してみてほしいと思いますが、オリゴ糖だけに頼っても改善しないでしょう。

はちみつの注意点

はちみつの50%はブドウ糖で、40%は果糖でしたよね。

このように果糖が多く含まれていますが、果糖は肝臓で直接代謝されるため、脂肪肝や肝臓が疲れている人はあまり摂りすぎないように注意しましょう。

また、インドのアーユルヴェータでは、はちみつは加熱せずに食べることが推奨されています。

加熱して食べると、体内でなかなか排出されない毒素が溜まってしまうそうです。

これはおそらく、糖化のことではないかと思います。

糖化によって生成されたAGEsは、体に蓄積して老化の原因になります。

加熱すると酵素が失われたり、変性して糖化しやすくなるのかもしれません。

はちみつは、非加熱のものを買って、ぬるめの飲み物に使ったり、ローフードレシピやロースイーツなどで使うとよいでしょう。

というわけですが、いかがでしたでしょうか?
はちみつとオリゴ糖のそれぞれの良さを、美容と健康に活かしましょう!

カテゴリー: オリゴ糖のこと | タグ: , | オリゴ糖とはちみつ、どっちが体に良い? はコメントを受け付けていません。

オリゴ糖とはそもそも?オリゴ糖の基本を確認!

somosomo

腸の善玉菌を増やし、便秘改善に効くということで有名なオリゴ糖。
オリゴ糖とはそもそも何からできていて、どんな効果があるのでしょう?
この記事では、オリゴ糖の基本的なことから使い方までご紹介します。

オリゴ糖の原料、製造方法

オリゴ糖は、天然と合成のものがあります。

天然は、ビートと呼ばれる砂糖大根(甜菜)から抽出されるものです。

合成のオリゴ糖は、ショ糖やでんぷんなどを加工されて作られ販売されています。

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖のような吸収されやすい単糖とは違い、これらの単糖が複数連なっている糖のことを言います。

食物繊維のように腸で消化吸収されにくく、善玉菌の餌になって悪玉菌を駆逐し、腸内環境の改善と便秘改善効果があります。

腸内環境の改善に伴って、他の様々な症状も改善するので美容や健康に良い甘味料として砂糖の代わりに使う人がたくさんいます。

オリゴ糖の効果

ミネラルの吸収をサポートする

オリゴ糖には、ミネラルの吸収をサポートする効果があります。
ミネラル不足は様々な疾患の原因になることがわかっていて、ビタミンもミネラルが足りない体内ではあまり活用されません。
オリゴ糖によってミネラルの吸収がアップすることで様々な美容と健康への効果が期待できます。

動脈硬化を予防する

善玉菌が増えると、善玉コレステロールが増えて悪玉コレステロールが減り動脈硬化の予防にもなります。

美肌効果

腸に悪玉菌がたくさんいると、それらが毒素を生成し血液中に流れ込み全身を回ります。
それらの毒素は肌のターンオーバーを滞らせたり、活性酸素を発生させて吹き出物やシミ、シワ、たるみなどの原因になります。
アトピーにも効果があるといわれています。

肝臓や腎臓の健康をサポートする

悪玉菌が出す毒素は、肝臓や腎臓などで処理されますから腸内環境が悪いとそれだけ負担がかかることになります。

善玉菌が増えるということは、それだけ悪玉菌が減るのでデトックス器官の負担を減らすことにもなります。

それに伴って体内の毒素の排出力が高まり、視力が良くなったり疲れにくくなったりという実感しやすい健康効果もあります。

便秘改善効果

食物繊維のように吸収されづらく、腸で主に善玉菌の餌になります。
善玉菌が増えて、乳酸を生成すると腸が酸性の環境になっていき悪玉菌が住みづらくなってますます善玉菌が増え、腸内環境が良くなっていきます。

ダイエット効果

オリゴ糖によって善玉菌が増えると、ダイエットの効果的なビタミンB群が腸内細菌によって合成されたり、食事から摂取したビタミンやミネラルが吸収されやすくなります。
それによって脂肪燃焼が促されて痩せやすくなります。
また、悪玉菌が減ると心が安定してイライラすることが減るので、ストレスによる過食や間食も減ってダイエット効果があります。

オリゴ糖の種類

オリゴ糖には、市販に多いシロップ状と、通販に多いパウダー状のものがあります。

シロップ状のものは、オリゴ糖の濃度が薄く他の糖で薄められているので効果を実感しにくいといいわれています。

効果を確実に実感したいなら、100パーセントパウダーのオリゴ糖を購入しましょう。

オリゴ糖の注意点

オリゴ糖は、過剰摂取でお腹が緩くなり下痢になってしまうことがあるので注意しましょう。

また、始めのうちはガスがたくさん発生しておならが出やすくなることもあります。

好転反応の一つだといわれていて、腸内環境が悪い人ほどなりやすいそうです。

仕事や外出の予定があるときでなく、飲み始めるなら休日に試してみるのがお勧めです。

というわけですが、いかがでしたでしょうか?
腸内環境が良くなることは、美容と健康の基本でとても大切なんですね。
是非オリゴ糖を活用して善玉菌を増やしましょう!

カテゴリー: オリゴ糖のこと | タグ: | オリゴ糖とはそもそも?オリゴ糖の基本を確認! はコメントを受け付けていません。

オリゴ糖が多い食品を種類別にご紹介!

origoshouhin

便秘解消に効果が高く、人気のオリゴ糖。

消化吸収されづらく、腸に届いてビフィズス菌をはじめ善玉菌を増やし、腸内環境を改善する効果があります。

甘みがあり、お料理にも使えて体に優しいので人気があります。

そんなオリゴ糖ですが、実は身近な食品にも結構たくさん含まれているのをご存知でしょうか?

オリゴ糖にもいろいろと種類があり、特徴やカロリーもそれぞれ違うのですが、どれも善玉菌を増やし腸の状態を良くするのに役立つのは共通です。

腸の状態は健康にも美容にも影響を与えていて、腸が良くなると花粉症やアトピー、肌の調子なども良くなるといわれていますから、以下の食品を是非積極的に摂り入れてみてはいかがでしょうか。

イソマルトオリゴ糖

はちみつ、醤油、味噌などに多く、熱に強いのでお料理に使うのにぴったりのオリゴ糖です。

少々癖があり、コクのある甘みが特徴です。

市販では、シロップと混ぜて売っているのが一般的です。

シロップそのものは、消化吸収が良くGI値も高いので、糖化の原因になったり太る原因になります。

美容やダイエットが目的なら、シロップの入っていない100パーセントオリゴ糖を購入するのが良いでしょう。

ガラクトオリゴ糖

牛乳、母乳などに含まれるオリゴ糖で、さわやかな弱い甘みが特徴です。

牛乳は最近では体に良くないという説もあり、また元々日本人には合わない体質の方が多いといわれていますので、他の食品からオリゴ糖を摂るのが無難だと思います。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、癖がなくまろやかな甘さが特徴で、カロリーは砂糖のおよそ半分です。

イソマルトオリゴ糖に比べて甘みは低いですが、消化されずらいのでカロリーが低くダイエットに向いています。

また、カルシウムなどのミネラルの吸収を助ける作用があります。

食品では、アスパラガス、ごぼう、バナナ、はちみつ、玉ねぎ、大豆、チコリの根に多く含まれています。

大豆オリゴ糖

大豆、味噌、醤油、豆腐など大豆製品に含まれるオリゴ糖です。

他のオリゴ糖と比べて、善玉菌を増やす効果が高いといわれています。

砂糖と同じくらい甘いですが、カロリーは砂糖の7割ほどです。

というわけですが、いかがでしたでしょうか?
オリゴ糖と一口に言ってもいろいろと特徴や甘さに違いがあるんですね。

ぜひ、目的に合わせて食品やオリゴ糖製品を選びましょう。

カテゴリー: オリゴ糖のこと | タグ: , | オリゴ糖が多い食品を種類別にご紹介! はコメントを受け付けていません。

オリゴ糖でダイエット!

diet

オリゴ糖は、腸内環境の改善に効果が高く便秘の人に人気がありますね。

カロリーが低いということで、健康的な甘味料としてお料理にも使われます。

そんなオリゴ糖は、ダイエットにも効果があり実際に痩せた人もたくさんいるというのをご存知ですか?

下剤などを使うダイエットとは違い、体に優しいことが確実な、安心できるダイエットです。

というわけで、この記事ではオリゴ糖のダイエット効果と方法をご紹介します。

オリゴ糖はなぜダイエットに効果があるの?

オリゴ糖は、腸内環境の改善をし、痩せにくいという体質の改善をサポートしてくれます。

腸内環境が良くなると、悪玉菌の出す毒素が減るので精神が安定したり、吹き出物や体臭、便臭なども少なくなります。

イライラすることが減るので、ストレスによる食欲を抑えられます。

また、糖質などをエネルギーに換えて脂肪燃焼するためにはビタミンやミネラルが必須ですね。

ビタミンやミネラルは、腸内環境が悪いとあまり吸収されずに排出されてしまいます。

善玉菌は、栄養の消化と吸収にとても大切な働きをしているのです。
痩せにくい体質の人は、慢性的に便秘であるという人が多いといわれています。

オリゴ糖で善玉菌が増えるということは、痩せるために必要な栄養をしっかり吸収できるということなのです。

栄養が吸収できないと、お腹がいっぱいなのに無駄な食欲が出るという事態にもなります。

脳がもっと栄養を摂るようにと命令するからです。
ダイエットには、便秘を改善して腸内環境を良くすることがとても大切なのですね。

さらに、オリゴ糖は糖ではありますが、ほとんど吸収されないためカロリーは低いのが特徴です。

吸収されなければ脂肪としてため込まれないので太ることはありませんね。

ダイエットに選びたいオリゴ糖の種類は?

オリゴ糖は、お店に行くとシロップ状のものしか置いていない場合があります。

シロップ状のものは、イソマルトオリゴ糖という少し癖のある種類のオリゴ糖を使っていて、それを食べやすくするためにシロップで希釈しているといわれています。

なので、100パーセントではないので効果も出づらく、シロップは普通に吸収されてカロリーになるのでダイエット効果も薄いです。

是非通販などで100パーセントのオリゴ糖を購入し使った方がいいですよ。

イソマルトオリゴ糖は、大豆や味噌、醤油、はちみつなどに多く含まれ、コクのある甘みが特徴です。

フラクトオリゴ糖は、それよりも甘みは低く、癖のないまろやかな甘さで砂糖の半分のカロリーです。
ミネラルの吸収を助ける作用もあります。

お料理に使うなら、癖のないフラクトオリゴ糖を使うのがいいでしょう。

オリゴ糖の使い方

オリゴ糖の使い方は、砂糖の代わりとして使えばいいので簡単です。

熱に強いオリゴ糖は紅茶など飲み物に入れたり、お米を炊くときに炊飯器に一緒に入れて炊くという使い方をする人もいます。

オリゴ糖は砂糖よりカロリーが低いため、甘みも少ないので味を調えるときは2倍くらい必要かもしれません。

ちなみに砂糖は悪玉菌の一種であるカンジダ菌の餌になり、腸内を荒らすという性質があるので、健康のためにもオリゴ糖を使った方がいいのではないかと思います。

オリゴ糖に副作用はないの?

オリゴ糖は、基本的に善玉菌の大好物で悪玉菌の餌にはなりません。

でも、悪玉菌が優勢でとても腸内環境が悪い場合、悪玉菌がオリゴ糖を食べてガスを出すことがあります。

なのでおならが頻繁に出るという好転反応が出る人もいるようですが、オリゴ糖を使い続けることでやがて善玉菌が増え、おならは解消されていくようです。

悪玉菌に耐性を付けられないためには、悪玉菌の不意を突くような飲み方が効果的です。

つまり、毎日同じ時間に同じ分量を飲むという飲み方よりも、朝に飲む日や夜に飲む日、すこし量を減らして数日してから多めに飲むなど。

変化球を付けて飲むと、悪玉菌に勝ちやすくなります。
というわけですが、いかがでしたでしょうか?
是非ダイエットにオリゴ糖を活用して、健康的にきれいになりましょう!

カテゴリー: オリゴ糖のこと | タグ: , | オリゴ糖でダイエット! はコメントを受け付けていません。